ストレングスファインダーの結果

tk3
以前やったストレングスファインダーの結果を振り返っている。実施しなおしてみようかと思ったが、今回は前回の結果を見直してみることにした。この時は上位5位だけでなく、下位のものを見られるようにしたので、こうして振り返る時に参考になる。 1. 慎重さ 2. 最上志向 3. 着想 4. 学習欲 5. 収集心

Start a blog on tk3.dev

tk3
Googleがデベロッパー向けドメイン「.dev」の先取りプログラムを開始。優先的にドメイン名を確保可能 - Publickey の流れに乗って、tk3.dev を取得したが、サイトを立ち上げるまでに時間がかかってしまった。 Hugoでサイトを構築しようというところまでは考えていたのだが、デザインが決まらず、時間が経ってしまった。ようやく決まったというか、あまり飾らないもので良さそうだということで現在使っているテーマになった。 時間があれば、 他のブログなどに散らばっていたデータはいずれまとめていく方針。

技術書典3 に「もゆりすと」としてサークル参加します

tk3
技術書典3 に「もゆりすと」としてサークル参加します 技術系同人誌の即売会イベントの技術書典3にサークルとして参加することになりました。前回の技術書典2に引き続きになります。 今回はライブラリの入門編についてになります。「はじめてのHikariCP」を頒布予定です。 HikariCPというコネクションプールのライブラリについて書きます。 配置は か35 です。以下の図の印をつけているところになります。おおよそ中心くらいです。 image それでは、当日お会いいたしましょう。

技術書典4 のブログや関連イベントのまとめ

tk3
また参加するかもしれないので、そのときのために今回のブログをブックマークしておく。 今回は技術書典に関連する勉強会なども多く行われたので、それもブックマークしておく。 参加ブログなど ニッチな技術書を書いて #技術書典 に出展してみたら想像以上に需要があった話 - その後のその後 #技術書典 #技術書典4 参加してきました(電書&紙の再販情報アリ) - ナカザンドットネット 技術書展4でHelloWorldカルタを作って頒布した話|むらさき|note 技術書典4参加レポート - 東京ラビットハウス 技術書典4に行ってきました - mixi engineer blog #技術書典 サークル参加して冊子完売しました🎉 - フロントエンドの地獄 #技術書典 4でFirebaseの本を出しました|Daiki Matsudate|note #技術書典4「こまるUIよくしてみた本」の製作裏話|yuzuho takagi|note #マンガでわかるDocker 〜基本のキ〜 PDFダウンロード版 #技術書典 4|湊川あい@わかばちゃんと学ぶ本 発売中|note 技術書典4にサークル参加してきました | 株式会社カブク ✏️#技術書典 に本を出すまで - みずぴー日記 技術書典でMackerelと同人誌を学ぶ - Qiita 技術書典4で、SwiftでTDDを紹介する本を頒布した後の話 #技術書典 - 田中、仙台に生きる 初めて書いたDNS本が初参加の #技術書典 4で750冊売れた話 - mochikoAsTechのdig日記 技術書典4での宣伝戦略を書いた後日譚 ねこの手@福岡 - mya-ake com 技術書典4に参加してきました | めがねをかけるんだ みんなでつくる同人誌即売会!技術書典4当日レポート | さくらのナレッジ 技術書典4に参加しました|ハンズラボエンジニアブログ|ハンズラボ株式会社 技術書の同人イベント「技術書典4」(4月22日 東京・秋葉原)にサークル参加してきました - Electronics Pick-up by Akira Fukuda 技術書典4に行ってきました #技術書典 - メモ的な思考的な #技術書典 サークル参加の感想など - へんてこ ねこの手@福岡(か-23)🐾 【技術書典4】メンバーとして初参加した話|mi 🌸|note 52.

vagrant up で 「default: Warning: Remote connection disconnect. Retrying...」が出力され続け、タイムアウトになる

tk3
Ubuntu 18.04 LTS がリリースされたので、新しく開発環境を用意しようと、久しぶりに Virtual Box や Vagrant を更新したら、ちょっとした問題が起きたので、状況ととりあえずの対応策を残しておく。 環境 Vagrant 2.1.1 Windows 10 Home バージョン: 1709 OSビルド: 16299.431 事象 vagrant up を実行したときに default: Warning: Remote connection disconnect. Retrying... が出力され続け、タイムアウトを起こす。VM の起動は成功している。 PS C:\Users\tk3\vms\ubuntu-18.04-lts> vagrant up ... default: Warning: Remote connection disconnect. Retrying... default: Warning: Remote connection disconnect. Retrying... default: Warning: Remote connection disconnect. Retrying... default: Warning: Remote connection disconnect. Retrying... default: Warning: Remote connection disconnect. Retrying.

技術書典4 に一般参加

tk3
今回は一般参加で技術書典4に参加。昼くらいに現地について整理券をもらったら 3000番。天気がいいと集客がこんなにも違うのかと。ちなみに前回は公式の発表によると、来場者数: 延べ3,100人、実人数2,750人 。 今回は公式ツイートによると6380人 。この勢いだと、次回は秋葉原UDXだと収まらないのではと思ったり。 https://twitter.com/techbookfest/status/987965787284516864 それはさておき、今回買ったもの。サークルチェックしてものを中心に購入。 これから一つずつ読んでいこう。わくわくが止まらない。そして、次回はサークル参加したい。 サークル詳細 | きんとーん・らぼ | 技術書典 サークル詳細 | ころころぶっくす | 技術書典 “Auth0"でつくる!認証付きSPA サークル詳細 | 進捗大陸 | 技術書典 言語処理系のススメ - 進捗大陸03 サークル詳細 | ぴよ10 | 技術書典 もっとわかるVue (Better understanding of Vue in Vuetify) サークル詳細 | Shojinmeat Project | 技術書典 純肉じゃぱりまん を作ってみた! サークル詳細 | みさきとミギー | 技術書典 iSeq探訪 Pragmatic Opal サークル詳細 | おかもちもち | 技術書典 SkypeBotで遊ぼう サークル詳細 | アンテナハウスCAS電子出版 | 技術書典 PDF CookBook

Jekyll のデータを Hugo のデータに変換

tk3
昔作ったブログのデータを変換しました。 libqtkmz.so では Jekyll を使っていたので、そのデータを変換し、今のブログにマージ。 変換は自動で行えるようスクリプトを作成。次回使う機会があるかどうかは微妙な仕様のスクリプトですが。 機能的には以下のような処理をしています。 layout, categories は引き継がない 日付は iso8601 形式に変換 ファイル名の日付と date の日付が異なっていると警告メッセージを出力する slug を設定 ファイルの拡張子は md に統一する 使い方は、第1引数に Jekyll データのあるディレクトリを、第2引数には変換後のデータを出力するディレクトリを指定します。 出力するディレクトリは、なければ作ります。ファイル名の日付と date の日付が異なっている場合は警告メッセージを表示するようになっています。 $ ./main.rb _posts out Not match date: _posts/2011-06-07-test-data-hbase.md : 2016-02-16T00:52:28+09:00 Not match date: _posts/2011-06-12-jni-class-instance.md : 2011-05-22T00:52:28+09:00 Not match date: _posts/2011-10-29-arakawa-line-walk-rally.md : 2011-05-22T00:52:28+09:00 Not match date: _posts/2011-12-31-test-shots-leica-x1.md : 2011-05-22T00:52:28+09:00 Not match date: _posts/2012-04-24-c-call-lua.md : 2011-05-22T00:52:28+09:00 Not match date: _posts/2016-02-28-quiver.markdown : 2016-02-29T00:00:00+09:00

ソースコードリーディング: aws-lambda-go

tk3
おおまかな動きを知るために、ざっとコードリーディング。 ソースコードリーディング aws/aws-lambda-go 正式に AWS Lambda で Go 言語がサポートされた。同時に、Go 言語で使うためのライブラリも GitHub に公開された。そのライブラリが https://github.com/aws/aws-lambda-go このライブラリがどのようなものかを知るために、このソースコードを読んでみる。 全体の流れとしては、aws/aws-lambda-go を import し、 自作の関数を作り、lambda.Start() に関数を渡す。これをコンパイルして、実行ファイルを zip に圧縮し、Lambda にデプロイするという手順となっている。 lambda.Start() に登録する関数を、ユーザー定義関数とする GOOS=linux との指定から、実行ファイルは Linux の 64bit 以下に Note that only 64-bit binaries are supported on AWS Lambda. と記述があるから、32bitではない Ref. Lambda Execution Environment and Available Libraries - AWS Lambda https://docs.aws.amazon.com/lambda/latest/dg/current-supported-versions.html AWS Lambda からの呼び出し AWS Lambda はzipから実行ファイルを取り出し、実行しているだけ? Using Global State to Maximize Performance より、init() が使える Lambda Function Handler (Go) - AWS Lambda lambda.

C から Rust の関数をコールする

tk3
Rust に関数を実装し、それを C から呼び出します。 あまり引数や戻り値を考えなくても良さそうな関数を Rust で定義する #![crate_type = "dylib"] #[no_mangle] pub extern fn sayGreeting() { println!("Hello, world."); } #[no_mangle] pub extern fn rust_add(x: i32, y: i32) -> i32 { x + y } Rust のコードをコンパイルする $ rustc rustcode.rs $ ls . librustcode.so rustcode.rs Rust の関数をコールする C のコードを書く #include <stdio.h> void sayGreeting(void); int rust_add(int x, int y); int main(int argc, char **argv) { sayGreeting(); printf("result: %d\n", rust_add(10, 15)); return 0; } C のコードをコンパイルする $ gcc -o main sample.