これまでの自炊で会心の出来と気づき

tk3
自炊歴はそこそこ長いのだが、レシピが変わらないから、使う食材もほぼ変わらないし、それに道具も新しいものが増えたり、新種の道具を買ったりすることはなかった。そんな自分だが、これまでで一番の出来だと思える料理が作れた。 それが トマ玉塩スープのかけごはん 。リンクをクリックすると材料や作り方が載っている。 Spotify で新しいポッドキャストを探していて、このレシピにたどり着いた。 何気なく聞いたいたら、このレシピを紹介してい、使う材料は少なく、手順も楽。技術も今できることで十分。これなら自分でもできそうと思えた。 トマトはこれまで一度も料理に使ったことがなかったから、やってみたくなったのと。その他の材料であるねぎと卵はちょうど冷蔵庫にあったから。 トマトは正直好きな食べ物ではない。特に調理をしていないトマトは苦手で、これまで自分で食べるのは避けてきた。 そして使う調味料は家にあるもの良さそう。しばらく前は砂糖と醤油しかなく、塩は最近買った。 調理を始めて片栗粉がないことに気づく。しばらく前に買ったつもりでいたのだが、なくなっていた。 ポッドキャストで紹介しているレシピで、他にもやってみたいものがあったが、味噌は扱ったこともなく、また今度にする。 味噌も自炊を始めて買ったことがない調味料の一つ。味噌汁くらいはと思われるかもしれないが、作るよりインスタントのものを用意する方が簡単でそればかりを食べていた。主食を作るだけで精一杯だったということもあるけれど。 話はそれたが、この料理はごま油を引き、トマトとねぎを切り、ねぎ→トマトの順番に炒め、仕上げていく。開始から出来上がりまで 30 分くらいでできた。 この料理の味付けは基本塩だけだと思うのだが、それだけで味がまとまっていて美味しい。 これまで調味料やソース、出汁などをいくつか入れないと美味しくならないのではという不安で味付けをしていた。 しかし、そんなことをせずに塩だけ(ごま油も影響するのかも?)でここまで美味しくなるということに気づいた。 何か自炊のレベルが一つ上がった気がする。 さて、明日は他のレシピに挑戦するために味噌を買ってこようかな。いや、片栗粉を買うのがさきかな。

えいたそ卒業式ライブ

tk3
えいたそ、卒業おめでとうございます。 とうとうこの日がやってきてしまった。卒業ライブは 2days で、初日は現場、二日目は配信だった。両日とも現場にしたかったが、なかなか難しいかった。 えいたそ卒業というだけではなく、新メンバー加入の発表もあり、かなり情報量が多いライブだった。 前回のでんぱ組.incのはいつだったか、確か幕張ジャンボリーコンサートだったような気がする。もう1年以上前のことだ。 ひさしぶりの現場。最高に楽しかった。コロナ禍で配信中心のライブになり、通信環境さえあればライブの楽しみが味わえるようになってきた。 これまで距離の問題などで見られなかったライブでも見ることができる。 そんな、みんなで味わえる均等化された体験もいいけれど、そこでしか味わうことができない体験というのはやはり貴重なのかもしれない。 でんぱ組.incのライブは元気をもらえる。そんな元気なでんぱ組.incに元気をぶつけたくなる。 元気にしてくれるというか自分の中にある元気を引き出してくれる。そんなライブだと私は思う。 これまでも、そしてこれからもでんぱ組.incのライブが楽しみでしょうがない。

Hugo のバージョンをアップデート

tk3
このブログ使っている Hugo のバージョンを 0.80.0 に変えた。これまでつかっていたのが 0.63.0 で、いつ頃のものだろうか。 変更は netlify.toml に記述している Hugo のバージョンを変えただけ。特に問題なく動作したので、しばらく様子を見る。 ログから、 0.80.0 がインストールされていることを確認した。 6:48:26 PM: Installing Hugo 0.80.0

エアロフォン AE-30、追加で買ったもの

tk3
エアロフォン AE-30 を使い始め、あると良さそうなものを購入した。 参考になりそうな雑誌: Amazon | Roland エアロフォンGO ソング&ガイドブック for Begginers Aerophone Go AE-05 入門ガイド 初心者向け AE-30 のものではないが、スコアは初心者向けのものだと思い、購入した。 同様に AE-10 用の入門ガイド もあるが、自分が弾きたい曲は AE-05 版の方が多かった。 スタンド: キクタニ ウインドシンセイサイザースタンド WSS-100 毎回付属の収納バッグになおしていたが、手間だったのでスタンドを購入した。 ストラップ いつか落としてしまいそうだと思い、購入した。 単三電池 AC 電源で演奏をしていたが、ケーブルが邪魔だったので単三電池を購入した。ちょうど単三電池がなかったので、これを期に充電式を使うことにした。

libGDX のプロジェクトを生成してみる

tk3
libGDX を少しずつ触ってみる。 libgdx Setup App を使うと、Gradle ベースのプロジェクトを生成することができる。 起動すると、次のようなアプリケーションが起動する。必要なオプションを設定し、 Genarate ボタンを押す。 そうすると Destination のパスに成果物ができる。今回は Android SDK はインストールしていないため、Android のチェックは外し、生成する。 さて、生成されたディレクトリを見ていく。 IntelliJ IDEA Community を使って、そのディレクトリを開く。 トップの第一階層は次のようなファイルがある。それぞれの実行環境ごとにディレクトリがある。 desktop や ios、 html に分かれており、 他に core というディレクトリがある。 それぞれの環境に依存するコードは desktop や ios、 html に書かれ、中心となるコードは core に書くと言ったところだろう。 ./test/ ├── core ├── desktop ├── gradle ├── html └── ios では desktop のコードを確認する。 ファイルは test/desktop/src/com/mygdx/game/desktop/DesktopLauncher.java である。中身は次の通り。 config は環境に依存するものを定義するもので、ゲームの本体は MyGdxGame だろう。 package com.mygdx.game.desktop; import com.badlogic.gdx.backends.lwjgl.LwjglApplication; import com.badlogic.gdx.backends.lwjgl.LwjglApplicationConfiguration; import com.mygdx.game.MyGdxGame; public class DesktopLauncher { public static void main (String[] arg) { LwjglApplicationConfiguration config = new LwjglApplicationConfiguration(); new LwjglApplication(new MyGdxGame(), config); } } そのゲームの本体の実装と思われる MyGdxGame はどこにあるかというと、 core にある。

ドラゴンクエスト XI 再開

tk3
ふとRPGゲームがしたくなり、新しいものを始めようと考えたが、ドラクエXIを再開することにした。 買ってから少ししか遊んでいなくて、デルカダールを抜け出したところまで。今日はそこから再開。 ドラクエXIは3DS版でプレイ済み。大まかなストーリーは知っているつもり。しかしプレイを始めてそうだっけと思うところは多々ある。 3D モードは 2D モードに比べ、移動に時間がかかる。しかしながら、物語をじっくり楽しむのなら3Dモードか。 2Dモードはまだプレイしていない。3Dモードをクリアしたら、2Dモードをやってみたい。 肝心の進捗はと言うとホムラの里の西にあるダンジョンをクリアしたところ。ベロニカとセーニャが仲間になり、4人パーティーになった。4人パーティーというのは何だかテンションがあがる。今日の進み具合から、このペースだとクリアまでだいぶんかかりそうな予感がする。

Roland エアロフォン AE-30 を買った

tk3
2021/1/16 に発売した Roland エアロフォン AE-30。今年は何か挑戦していきたい年にしたいと考えていた。これはその一つ。 以前から何かしら音楽をやりたいと言っていたことがやっと進み始めた。 昨年はピアノを中心に楽器を物色することが多かった。 ギターやベースなども見て回った。そんな中なぜデジタル管楽器にしたのかというと良く覚えていない。 気づいたら、デジタル管楽器の製品を調べ、Youtubeで動画や音色・操作性を調べていた。そして、年末くらいに購入を考えていた時に、この AE-30 の予約を受け付けていた。タイミングはバッチリ。しばらくして予約をした。本当は即決をしたかったが、値段と相談し、ちょっと他のことを削ることで予約に至った。しばらくは節約が続くだろう。 音楽の経験について、 管楽器の経験はおろか楽器の経験はほとんどない。義務教育の音楽の授業で触っていた程度。 これからどうするのかはあまり見えていないが、まずはいくつかの音を出せるように指の配置をきちんと覚えようと思う。 気は早いかもしれないが、早く一曲を吹いてみたい。

ノートの使い方

tk3
目標管理でいいアプリがないか探していたときにジャーナルバレットというノートの使い方を知った。 その使い方を調べる前に今のノートの使い方をまとめておこうかと思う。 仕事でスクラムのようなものをやっていたことから、スプリントを回す方法を取り入れている。1 スプリントは 1 週間で、月曜日始まり。 使い方 13cm x 21cm のノートを使う。A5 より横が少し短い 今はこのサイズに落ち着いている。昔は手帳を使っていたりしていたが、鞄の収納でかさばるし、リングが邪魔で書きづらかったりで、見開きで書けるノートになった 現在使用しているノート Amazonベーシック ノート クラシックノートブック Lサイズ 無地 上質紙 スリムノート・横罫縦ドット A5スリム・ライトグレー・40枚 通販 | 無印良品 上質紙 スリムノート・無地 A5スリム・ベージュ・40枚 通販 | 無印良品 一週間を一つの区切りとして、見開きにその予定を書く スクラムのスプリントぽく、一週間を区切りとしてやっている。リズムが大事 月曜日始まり。日曜日始まりにしていたが、イベントが大抵土日でセットでやることが多く、区切りとして相応しくなかった スプリントでの行動 スプリント開始の前日 日曜日の夜に次のスプリントの計画をする 見開きの左上にそのスプリントの期間を記入する そのスプリントで予定されているタスクを書き出す スプリント期間中 タスクを完了したら取り消し線を引く 不要になったタスクは斜線を引く 予定が発生したら記入する 見たい映画や欲しい本などは、別のページで書く 〇〇リストというタイトルで、見開きで使う スプリントの予定(見開き) → 各日のメモ → 次のスプリントの予定(見開き)→ … のように続いていく 別冊のノートに、習慣を記録している 見開きで一つの習慣を書く 実施した日を記録する。実施していない日は書かない 実施か回数を記録する場合は回数をTally Marksで記入する。正の字にしていたが、チェックは記号の方がパッと見て分かりやすいから、そうしている 不便に感じているところ 全体が把握しづらい 過去の記述から予定を書き写し忘れて、たまに予定を見逃す ノートの切り替えた時に、過去のタスクを参照するのが面倒 習慣管理用のノートが別冊となっているので、記入をすることを忘れてることが多々ある まとまりのあることは特定のページにまとめているが、どこに書いたかわからなくなる。また、ノートを切り替えたときに面倒 柄が好みで購入。未使用のノートがまだ何冊かあるのに買ってしまった。

キャラクターの能力を考える

tk3
戦闘がメインで、ダンジョンを探索する冒険者。種族あり、職業あり、魔法あり。そんな世界にしたいと考えている。それを踏まえ、キャラクターの基礎能力を考えた。本当に基礎だけ。能力値を考えるとき、Wizardry を思い浮かべたが、参考程度に。 物理攻撃で戦闘ができるくらいまでを考える。レベルや職業、ボスなどを考えたときに、バランス調整がしやすいとか、考えることは沢山ある。 力(STRENGTH) 攻撃力に影響。職業ボーナスを付けるかも。 知力(INTELLIGENCE) 魔法攻撃力に影響。魔法抵抗の条件に使うかも。 魔法を覚える条件に使うかも。 呪文の覚えやすさ、呪文のダメージや成功率にも影響 生命力(VITALITY) ヒットポイント(HP)に影響。レベルアップ時のHP上昇量に影響。 魔法抵抗の際に判定に使うかも。 蘇生呪文の判定で使うかも。 器用さ(DEXTERITY) 命中に影響。 回避に影響するかも。 罠や扉の解除判定に使うかも。 すばやさ(AGILITY) 回避に影響。 命中に影響するかも。 運の強さ(LUCK) 何か不運なできごとが起きたときに。 ざっとこんな感じだろう。動かしながら調整はしていく。能力値の下限値と上限値は未定。これらが影響する攻撃力や命中力、回避は次の機会に。 コードにしてみると、こんな感じだろうか。形だけ。ちなみにコードは Scala で記述している。 class Character( name: String, strength: Int, intelligence: Int, vitality: Int, dexterity: Int, agility: Int, luck: Int ) { def doSomething():Unit = { println(s"$name tries to do something.

「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」を始める

tk3
ふとドラクエ VI をやりたくなってきた。ドラクエ VI は FC の時にやったきりで、それ以降はプレイしていない。I や II、 III などはリメイク版を何度かプレイをしたことがあるが、VI はこれまでなかった。気づけば今年の2月に発売30周年を迎えている。ということは30年ぶりくらいのプレイになるのだろうか。 ところどころのストーリーは鮮明に覚えている。トルネコのお金を稼ぐイベント。意外と楽しくクリアできた。そしてトルネコの記憶がここがピークでそれ以外はあまり覚えていない。最終章でやっと主人公を操作できると思ったら、村が焼き払われるというところからスタートという。当時はかなり印象的だった。 そして、ホイミン。モンスターが仲間になるということに衝撃を受けた。ホイミンは人間になりたがっており、第5章で人間の姿で登場する。この設定もなかなかである。 いろんな思いがありつつ、今日 DS 版の中古を買ってきた。連休の空き時間にやっていこうと思う。